国内グルメ

シドニー発!イタリアンダイニング「フラテリパラディソ」へ♪

2017年12月8日

先日は、ELLE gourmetフードクリエイター部のお仕事で「オレンジワイン」のセミナーに参加させていただきました♪

会場は、今年5月にオープンしたシドニー発のイタリアンダイニング「FRATELLI PARADISO(フラテリパラディソ)

17

こちらは、シドニーの食通たちが「ここに行けば間違いない!」と口をそろえる超人気店で、ナチュラルワインの美味しさをシドニーに広げたことでも有名。

日本のお店も本国と同じくナチュラルワインが150種類あり、今話題のオレンジワインも30種類以上揃えているそうです。

今回は、ソムリエのソン ユガン氏に今注目の「オレンジワイン」について教えていただきました。

10

オレンジワインは、白ブドウを原料に赤ワインの製法を用いて造られたワイン。ジョージアが発祥で皮と種も一緒に発酵させることによってオレンジ色をしたワインになります。

海外では、オレンジワインもしくはスキンコンタクトワインと言われ、ジョージアの人たちはアンバーワインと呼んでいるそうです。

今回は、違うタイプの3種類のオレンジワインとお料理のマリアージュを楽しみました。

16

1つ目のワインは、ジョージアの「NAOTARI」

品種は、ルカティエリ、キシ、ヒフヴィ。

独特の旨みがあり、酸味のバランスが良いワイン。

ジョージアはワイン発祥の地。製法も独特でクヴェヴリと呼ばれる卵型の粘土製の壺を地中に埋めて発酵させます。地中に埋めることで一定の温度での発酵ができるそうです。この製法がワイン造りの起源で、樽での発酵では絶対に生まれない豊かな果実感を持った身体に優しいワインが出来上がるそうです。

地中に埋めているので、そこから液体を取り出したり、掃除をしたりするのは大変な作業ですが、それでもジョージアの人たちは、”伝統を守りたい”という想いから今でもその製法が受け継がれています。そして、その製法は2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。それによって、伝統を守る人が増えたそうです。

こちらに合わせるお料理は、シグネチャーディッシュの”ボッタルガクリーム プレッツェル”

7

こちらのカラスミ入りのクリームは、カラスミとスモークしたオイルとあと1つを合わせてゆっくりと撹拌し、ペースト状にしたもの。是非お店に行って食べていただき、何が入っているか当てていただきたいです。(今まで当てた方は一人もいないそうです)

プレッツェルをちぎってディップしていただきます。

6

軽やかなクリームがとっても美味しくて!!作り方を教えていただいたので、是非作ってみたいです♡

サルディーニャ島のカラスミ

8

カラスミとオレンジワインの相性は抜群。

魚介類とワインってバッティングすることってありませんか?

ワインの中に含まれる鉄イオンが魚介の生臭さを生むそうです。なので、鉄イオンが少ないワインを選ぶとバッティングする確率は減るそうです。

鉄イオンが少ないワインとは、熟成させたワイン、シャンパーニュ、ロワールのミュスカデ、シュールリー製法、オレンジワインなど。

お料理とワインの合わせ方も勉強になります。

2つ目のワインは、トスカーナの「La Ginestra La chioccia」

トスカーナ州・フィレンツェにほど近い農村に30代の若者30名くらいが集まった協同組合。

品種は、トレビアーノ。古樽につめて1年間熟成。

果実感があり、少しスモーキーさを感じるワイン。

このワインを飲めるのはこちらのお店だけだそうです。

オレンジワインが世界に広がったきっかけはイタリア。グラヴナーという生産者がジョージアに行ってクヴェヴリを持ち帰り、北イタリアで造り始めたのがきっかけ。それに影響を受けた生産者たちから世界に広がり、オレンジワインはブームに。

こちらに合わせるお料理は、”パスタスカンピ”

11

 

本国の”フラテリパラディソ”を代表するメニュー。こちらのお店のパスタはすべて自家製の手打ち麺で、パスタスカンピに使われているのは”キタッラ”。もっちりとして弾力があり、エビのだしがたっぷりときいた濃厚なトマトソースにピッタリ。

3つ目のワインは、オーストラリアの「Lucy Margaux GRIGIO ROSSO」

品種:ピノ・グリ。

オーストラリアのナチュラルワイン文化を築き上げ、今なおその文化を先導している立役者。「グリジオ ロッソ」と名付けられたこちらのワインは、”フラテリパラディソ”の為だけに造られたオリジナルワイン。

Lucy Margauxのファンは多く、生産量も少ない為、入手困難。

色合いが美しく、ピンクペッパー、ラベンダー、ローズのニュアンス。旨味の強い、少し青いハーブのようなキャラクターがあるワイン。

こちらに合わせるお料理は、”アクアパッツア”

12

お魚の上にディルとケッパーを乗せて、ワインと合わせるのがおすすめ。

デザートは、”ティラミス”

14

軽やかな味わいのティラミスは、食後でもぺろりと完食。

どのお料理も美味しく、オレンジワインについても詳しく学ぶことができ、充実した時間でした。

最後にご一緒した皆様と♪

19

オレンジワインの魅力は、何といってもジャンルを問わず幅広いお料理と合わせることができること。

造り手によって様々な個性があるので、こちらのお店で好みのワインを見つけるのもおすすめ。

素材を重視したイタリア料理と身体に優しいナチュラルワインが楽しめる素敵なお店です♪

-国内グルメ
-, , , , ,

© 2022 R i k a k o のゆるマクロビでハッピーライフ♪