海外グルメ 海外旅行

リスボンの人気の5都市を巡る

2018年8月19日

前回の続きで、ナザレへ。

ナザレは、海岸に面したポルトガル屈指のリゾート地。

DSC09813

なんと、ビーチで干物を発見。

DSC09814

DSC09816

干物??

どうやって食べるのか尋ねると、こちらではスープの出汁にしたり、焼かずにここまま食べたりもするそうですが、ガイドさんからオススメの食べ方を教えていただきました。

干物を軽く炙って手でほぐし、オリーブオイル・ニンニク・パセリorコリアンダー・玉ねぎのみじん切りで和えるそうです。

これは美味しそう!!ちょっと試してみたいです。

そして、ランチでいただいたこちらのワインが美味しくてお気に入り♡

DSC09826

アルコール度数が低く飲みやすいので、うっかり飲みすぎてしまします。。。

さて、続いてはバターリャへ。

バターリャ修道院はゴシック建築の傑作であるとともに、ポルトガルの独立を象徴する建築物。

1983年には世界遺産に登録されています。

DSC09839
修道院の教会へ。

DSC09841

DSC09843

美しいステンドグラスは、16世紀のもの。

DSC09845

DSC09847

100年ほど工事が続けられましたが、未完に終わっています。

修道院の近くの可愛らしいお土産屋さん。

DSC09853

フルーツが美味しいとのことで、冷蔵庫で冷やしてあったブラックベリーを購入。

DSC09850

外があまりにも暑かった(45度)ので、冷たいブラックベリーがとっても美味しくて。こんなに甘いブラックベリーを食べたのは初めてです!これだけ暑さがあるからこそ、フルーツが甘くて美味しいのでしょうね♪

DSC09854

続いては、ファティマへ。

ファティマは聖母マリアが出現したとされる、カトリックの国際的な巡礼地です。

DSC09858

ファティマは人口1万人ほどの小さな町ですが、1917年に3人の子供たちの前に聖母マリアが出現するという奇跡が起こり、今では年間400万人もの人々が訪れるそうです。

fullsizeoutput_f25

当時はオリーブの木が点在しているだけの荒地だったとか。

聖母マリアの出現した場所に礼拝堂が建てられています。

DSC09861

マリア像を中心に周りを歩けるようになっていますが、熱心な信者は祈願しながら跪いたまま膝で歩かれていました。

 

巨大な広場を前に高さ65mの塔をもつネオ・クラシック様式のバジリカ。

fullsizeoutput_f29

大広場の収容人数は30万人以上とも言われ、毎月13日、特に初めて聖母マリアが現れた5月と最後に現れた10月の大祭には10万人もの巡礼者で埋め尽くされるそうです。

初めて訪れた聖地ファティマは、神秘的な雰囲気を感じる場所でした。

-海外グルメ, 海外旅行
-, , , , , , ,

© 2020 R i k a k o のゆるマクロビでハッピーライフ♪