海外グルメ 海外旅行

世界中の美食家を魅了するANDRE@シンガポール

2015年9月20日

皆様、こんにちは。

先日は、シンガポールに行ってきました。

今回の目的の1つは、世界中の美食家を魅了する「レストラン・アンドレ」

26

世界のべストレストラン50に選ばれ、ニューヨークタイムズの「そこに行くだけのために

飛行機に乗る価値のある世界の10のレストラン」に選ばれるなど

数々の栄誉に輝くフランス料理の名店。

シェフは、台湾出身のアンドレ・チャン氏。

メニューは、8つのエレメントに沿ったシェフ独自の料理哲学

「オクタフィロソフィー」を基に構成されています。

Pure(調味料は使用せず、素材のありのままの味)

Salt(海からの大いなる恵み)

Artisan(生産者への敬意)

South(シェフの心の故郷、南仏の大らかさ)

Texture(食感の妙味)

Unique(ユニークな食材の組み合わせ)

Memory(思い出)

Terroir(大地への讃歌)

まずは、シャンパーニュで乾杯☆

1

ワインはペアリングでお願いしました。 

熊本産の牡蠣など、魚介類の多くは日本から取り寄せているそうです。

2

31

スイートコーン・アーモンドクリーム・ホースラディッシュ

7

きゅうり・きゅうりの花・雲丹・蟹・山椒

8

9

イカ・パスタ・海藻パウダー

10

12

27

アジ・オニオン・ポテト

13

28

15

こちらは、シグネチャーディッシュのフォアグラとトリュフ。

濃厚なフォアグラのフランの上にトリュフソース。

16

29

17

抹茶・紫蘇・ピース・スプラウト

18

グレープ・ラズベリー・白桃

20

21

小麦粉や卵に似せた食材を自分で混ぜて完成させるDIYデザート。

22

お皿の上でクッキングして!と遊び心があり楽しい1品♪

23

小菓子

25

開けると中にはマカロン、マドレーヌ、パート・ド・フリュイ

24

どのお料理も素材本来の持ち味を最大限に引き出し、五感を刺激するものばかり。

芸術的に美しいお料理にワクワクしました。

こちらの羊の荷物置きも可愛い♡

19

美味しいお料理、素晴らしいサービス、心地良い空間で幸せなひと時でした。

シンガポールに行かれる際は是非♪

 

-海外グルメ, 海外旅行
-, , ,

© 2020 R i k a k o のゆるマクロビでハッピーライフ♪